受付時間

はなまる鍼灸接骨院 0458713929

ふたば鍼灸接骨院 0458660056

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 脚がしびれる
  • 歩くと痛み、休むと歩ける
  • 杖がないと心配
  • 立つと前かがみの姿勢になる

脊柱管狭窄症とは|横浜市戸塚区 はなまる鍼灸接骨院

この病気では長い距離を続けて歩くことができません。

もっとも特徴的な症状は、歩行と休息を繰り返す間歇性跛行(かんけつせいはこう)です。

腰部脊柱管狭窄症では腰痛はあまり強くなく、安静にしている時にはほとんど症状はありませんが、背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、ふとももや膝から下にしびれや痛みが出て歩きづらくなります。しかし、すこし前かがみになったり、腰かけたりするとしびれや痛みは軽減されます。

進行すると、下肢の力が落ちたり、肛門周囲のほてりや尿の出がわるくなったり、逆に尿が漏れる事もあります。

加齢、労働、あるいは背骨の病気による影響で変形した椎間板と、背骨や椎間関節から突出した骨などにより、神経が圧迫されます。

脊柱管は背骨、椎間板、関節、黄色靱帯などで囲まれた脊髄の神経が通るトンネルです。年をとると背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、黄色靱帯が厚くなって神経の通る脊柱管を狭くなって(狭窄)、それによって神経が圧迫を受け、神経の血流が低下して脊柱管狭窄症が発症します。

お尻や足の痛み・しびれで病院に行くと、レントゲンやMRIで骨や椎間板の異常を調べます。もし骨が変形していて神経の通り道(脊柱管)が狭くなっていたら、病院では「脊柱管狭窄症」と説明されます。腰椎がすべってズレることで神経が圧迫されている時は、「腰椎すべり症」が痛みやしびれの原因と説明されます。

しかし、年齢とともに白髪やしわが増える現象と同じで、椎間板や骨の異常は40代になれば6割、60歳以上になれば9割に異常が見つかります。

脊柱管狭窄症の予防と治療|横浜市戸塚区 はなまる鍼灸接骨院

椎間板ヘルニアに比べ中高年に発症することが多いようです。また背骨を後ろに反らすと脊柱管が狭くなり、前に曲げると広がるので、間歇性跛行が起こるのです。

日常生活上の注意日常生活で姿勢を正しく保つ事が必要です。

神経の圧迫は腰をまっすぐに伸ばして立つと強くなり、前かがみになるとやわらぎますので、歩く時には杖をついたり、シルバーカーを押して腰を少しかがめるようにしましょう。そうすると楽に歩けます。

また、自転車こぎも痛みが起こりにくいので、よい運動になります。

立っているだけで足が痛くなる方や、少し歩くだけで痛みで歩けなくなる方に対して、はなまる鍼灸接骨院・ふたば鍼灸整骨院では、お尻や太もも、ふくらはぎの筋肉のマッサージやストレッチをします。コリがほぐれて血行が良くなり痛みが和らぎます。またホットパックなどで温めても血行が良くなるので痛みが軽減します。

個人差はありますが軽度の症状であれば1~2週間マッサージや温熱療法を続けると良くなる方が多いです。

戸塚区で脊柱管狭窄症でお悩みの方は、はなまる鍼灸接骨院・ふたば鍼灸整骨院にお気軽にご相談ください。

はなまる鍼灸接骨院

0458713929

住所
〒244-0003
神奈川県横浜市戸塚区戸塚町4088
神保ビル 3F
アクセス
戸塚駅西口より 徒歩2分
定休日
土曜午後、日曜、祝日

受付時間

ふたば鍼灸整骨院

0458660056

住所
〒244-0817
神奈川県横浜市戸塚区吉田町135
アクセス
戸塚駅東口より 徒歩5分
定休日
土曜午後、日曜、祝日

受付時間